記事一覧

マリリの旅 第八話 [親子]

サムネブログ 
昼は2時を回った頃
マリリ達は西側の出入り口から出て ロザリーを探していた。
雪がパラパラ降り始め 幻想的な風景となっている。
マリリ「ママどこかなー」
クレス「・・・むぅ」
サリ「・・・?あれ・・・あそこ・・・女の人が」
マリリ「ほー?」
八話その3 クレス「・・・あいつは!」
レン「おっおうううう!!!」
クレス&サリクス「(何だその叫び・・・・)」
マリリ「おっおう~ヽ(・∀・)ノ」
八話その2 ルーシ「あっ」
八話その4 
ロザリー「・・・・!!!!」

クレス「ロザリー!」
マリリ「ま・・・ママだぁ!!!(*´∀`*)」
サリ「あのひとがですか・・・?(すっごい美人さんだなぁ)」
ロザ「ふた・・・
よろこびれんくん 
レン「ウォァァァァァァァァァォオオオ”!ルゥゥゥゥシイイイイイイイイ!!!!!
サリ「うるさーーーーーーー!!!!Σ(゚Д゚)」
マリリ「みみのなかきーんてする・・・・(´;ω;`)キーン」
クレス「脳筋ノルドめ(´◉ω◉` )ノ(´;ω;`)」
ルーシ「・・・レンったらもーっ(*´∀`*)」
サリ「あっあの人もダメそう・・・色んな意味で!!
レン「ダメじゃねぇよ!!お前の妹ちゃんもお兄ちゃん大好きだろー!」
サリ「他所は他所!!ウチはウチなんですっ!!!
レン「あっすんません・・・・」
八話4 
ロザリーが駆けていく 恐らくクレスとマリリ目掛けてである
クレス「むっ!待て!!ロザ「待たないわ!!!!」ぐっ」
マリリ「ママーヽ(・∀・)ノ」
八話 
二人「チーン( ˇωˇ )」
ロザ「よかった!!!無事で・・・本当に!!!」
クレス「やめろ!くる・・・・し・・・・」
八話3 サリ「ロザリーさん!!(ですよね?)お二人が!!!」

ロザ「えっ・・・あぁっ!!!ごめんなさい!!!」

2時間後

宿屋「フローズンハース」

 レン「大丈夫か?ルーシ!破壊の訓練ってドンパチするんだよなっ?」
ルーシ「ドンパチって・・・喧嘩じゃないんだよ?あたしは大丈夫だよレン!」
レン「・・・レンって・・・」
ルーシ「だって、私たち血は繋がってない・・・あっ!」
レン「・・・・(ぶわっ)」
八話9 
ルーシ「「ご、ごめんんさい!今のは言い過ぎたっていうか・・・ええと!」
レン「あっ・・・うあ・・・ルーシが・・・俺の可愛いルーシーがぁ・・・」
レン「反抗期になったああああああああああ(´;ω;`)ヤダヨォオォォ」
ルーシ「あぁぁ!!!兄様!!!泣かないでよーっ!」 

八話13
サリ「・・・・反抗期・・・ですか」
お兄ちゃん想像中
八話5  サリ「絶望しかない!!!」
サリ「マリリさんが反抗期になるなんて・・・」
半分壊れた模様
(注:マリリはまだ反抗期になってません そしてずっとなりません)
ルーシ「知らないお兄さんー?!?!」



マリリと家族3 クレス「・・・・うるさい」
ロザリー「まぁまぁ・・・いいじゃないの」
マリリ「ママー!ママー!あのね!あのね!」
ロザリー「はい、どうしたの?」
マリリ「マリリね!ふぁるくりーすってところでねーおにいちゃんとあってねそれからね!(*´ω`*)」
ロザリー「うふふ、運命の出会いってやつかしら?(*´ω`*)」
マリリと家族1 
マリリ「うんめい?なんかかっこいいねー(*´ω`*)」
クレス「馬鹿馬鹿しい・・・」
マリリ「むー!おにいちゃんばかじゃないもん!」
クレス「そういう意味ではなくてだな」
ロザリー「クレス・・・嫉妬?」
家族3 
クレス「何故私がそんな感情を抱かねばならんのだ・・・理解できん。」
ロザリー「へぇーならマリリが他所にいってもいいのね~」
クレス「あ”ぁ”?」
ロザリー「ほらやっぱり嫌じゃない(笑)」
マリリ「あのねマリリはいつかおにいちゃんのおよめさんになるよお(*´ω`*)」
クレス「おい待てその話詳しく聞かせろ・・!!」
マリリ「(゚д゚)?」
ロザリー「(過保護ねぇ・・・)」


家族4 マリリ「おにいちゃーん!」
サリ「ハッ(゚д゚) 」
マリリ「ママとねお話してきたよー!ママね!おにいちゃんのこといいひとねーっていってたよ(*´∀`*)」
サリ「え・・・そ、そうなんですか・・・!」
マリリ「それでねー!」
サリ「はいはい、落ち着いて話してください」
マリリ「えへへー(*´ω`*)」
家族5 ルーシ「仲良しだなぁ・・・!」
レン「だなぁ・・・うぅなんか泣けてくる(´;ω;`)」
ルーシ「もうー!兄様ったら涙脆いんだからー」
レン「だってぇ親子が再会とかもう泣くしかないだろう(´;ω;`)エグッ」

クレス「・・・・親子・・・・か」
ロザリー「うふふふ・・・じゃあ少し早いけどご飯にしましょうか?」
クレス「スジャンマ」
ロザリー「はいはい」

一方その頃
家族6 
ダリア「おにい・・・どうしよう・・・」
エツィオ「アイツらも出払っているようだからな・・・・チャンスだな」
ダリア「うん!早く出よう!出ないと・・・叔母ちゃんに知られたr」
ライラック「うっふふふ・・・お二方にお客様を連れてきたですよーー」
二人「は?」
家族11 ライラ「おいでませー!(゚∀゚ )」
家族10 ダリア「あ・・・あぁ・・・・・」
家族5 
???「ありがとう、うちの甥と姪を保護してくれて・・・・」
???「ふたりとも・・・?何、人様のおウチに迷惑をかけているのかしら?」
家族8「悪 い 子 ね 」 
家族9 
双子「ろ・・・ロゼ叔母さん!!!!!!!!」

次回へ続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント